CM-Eについて

CM-E(Comprehensive Medicine-Elective / 学内実習)内容

講座名
麻酔・侵襲制御医学
責任者
西田 修
受入学生数
同一期間に5名程度まで
実習期間
6週間コース、分割(3週間)コースどちらでも可
実習内容
麻酔学とは侵襲制御の学問であり、麻酔行為自体も、血管確保、気道確保から始まり、体液・輸液管理、患者の状態に合わせた呼吸・循環管理などの高度な全身管理に至るまで、ライフサポートのエッセンスに満ちています。麻酔科をじっくりと研修することは、将来医師として働いていく上で最低限必要な全身管理の基本的考え方を学ぶことのできる、この上ない良い機会となるでしょう。
 CM-Eでは、指導医と行動を共にし、侵襲制御医学の基本から学び、全身管理における基本的な物の考え方と危機管理の姿勢を学びます。コースは、学生の希望に応じアレンジします。術中全身管理(麻酔)を希望する場合は、手術室での実習を主体として行い、広く全身管理を希望する場合は、手術室での全身管理に加えて、ICUでの実習を行います。

医局からのメッセージ

当教室は、情熱にあふれた若い医局員の先生を中心とする活気に満ちた、明るい医局です。いろんな相談にものっています。実習以外にも気軽に遊びに来てください。学生指導には教員の手間も時間もかかりますが、教育を通しての啓発活動が私たちの良き理解者を増やし、自分たちの働きやすい環境となって還元されると信じています。積極的な学生の参加を待っています。