業績集:2008年以前

著書(和文)

2007年

  • 西田修.
    楽しく学ぶ循環管理と呼吸管理のつながり~特に酸素の流れに注目して~.
    「第41回臨床セミナーテキスト」チーム医療CE研究会編.2007.p.39-58.
  • 中村智之,西田修.
    Q74. ナトリウム異常の輸液管理とケアは、どうしたらよいの?.岡本和文編集.ナーシングケアQ&A 輸液管理とケアQ&A-こんなとき、どうしたらよいの?-.東京:総合医学社;第17号,2007.p.156-157.
  • 中村智之,西田修.
    Q75. カリウム異常の輸液管理とケアは、どうしたらよいの?.岡本和文編集.ナーシングケアQ&A 輸液管理とケアQ&A-こんなとき、どうしたらよいの?-東京:総合医学社;第17号,2007.p.158-159.
  • 下村泰代, 杉本健, 長濱清隆, 溝口恵美子, 溝口充志.
    腸管肉芽腫形成のための新しい腸管樹状細胞.分子消化器病 2007;4(2):97-103.

2008年

  • 西田修,湯本美穂,中村智之,栗山直英,下村泰代,田村哲也,加古裕美,原 嘉孝,新美太祐,坪内宏樹.
    高効率血液浄化療法による侵襲反応の制御~多臓器不全治療の新しいアプローチ~.医薬の門 2008;48(5):474-480.
  • 西田修,中村智之,栗山直英,下村泰代,湯本美穂.
    V. 泌尿器系の合併疾患;Q21急性腎不全(持続的血液浄化療法中を含む).岡本和文編集.救急・集中治療 特集「合併疾患別にみる周術期管理Q&A―研修医からの質問362―」.東京:総合医学社;20巻,3・4号,2008.p.393-399.
  • 中村智之,西田修,湯本美穂,下村泰代,栗山直英.
    CARSによる生体侵襲.松田直之編集.救急・集中治療 生体侵襲と臓器管理-急性期病態の理解とその対応-.東京:総合医学社;20巻,9・10号,2008.p.1122-1128.
  • 西田修,中村智之,栗山直英,湯本美穂,下村泰代,田村哲也,加古裕美,坪内宏樹.
    Ⅱ実践編6.劇症肝不全に対する血液浄化法の知識と実践.救急医学 血液浄化法の基礎知識と実践2008;32(12):1699-1706.
  • 中村智之,西田修.
    重症急性膵炎によるARDSの呼吸管理.岡元和文編著.エキスパートに学ぶ呼吸管理.東京:中外医学社;2008.p.308-314.
  • 坪内宏樹,西田修.
    客観的に見定める患者の機能評価.OPE NURSING,MC メディカ出版.2008;23(12):1284-1290.

原著(英文)

1999年

  • Nishida O, Arellano R, Cheng DC, DeMajo W, Kavanagh BP. 
    Gas exchange and hemodynamics in experimental pleural effusion. Crit Care Med. 1999;27(3):583-587, March 1999.

2002年

  • Fujita Y, Nishida O, Sobue K, Ito H, Kusama N, Inagaki M, Katsuya H.
    Nitric oxide inhalation is useful in the management of right ventricular failure caused by myocardial infarction. Crit Care Med. 2002;30(6):1379-1381, June 2002.

2004年

  • Hokama A, Mizoguchi E, Sugimoto K, Shimomura Y, Tanaka Y, Yoshida M, Rietdijk ST, de Jong YP, Snapper SB, Terhorst C, Blumberg RS, Mizoguchi A.
    Induced reactivity of intestinal CD4+ T cells with anepithelial cell lectin, galectin-4, contributes toexacerbation of intestinal inflammation. Immunity 2004;20(6):681-693.

2007年

  • Sugimoto K, Ogawa A, Shimomura Y, Nagahama K, MizoguchiA, Bhan AK.
    Inducible IL-12-producing B cells regulate Th2-mediated intestinalinflammation. Gastroenterology. 2007;133(1):124-136, 2007. Epub 2007 Apr 14.
  • Mizoguchi A, Ogawa A, Takedatsu H, Sugimoto K, Shimomura Y, Shirane K, Nagahama K, NagaishiT, Mizoguchi E, Blumberg RS, Bhan AK.
    Dependence of intestinal granuloma formation on unique myeloid DC-like cells. J Clin Invest. 2007;117(3):605-615, Epub 2007 Feb 22.

2008年

  • Shimomura Y, Ogawa A, Kawada M, Sugimoto K, Mizoguchi E, Shi HN, Pillai S, Bhan AK, Mizoguchi A.
    A unique B2 B cell subset in the intestine. J Exp Med. 2008;205(6):1343-1355, Epub 2008 Jun 2.
  • Shimomura Y, Mizoguchi E, Sugimoto K, Kibe R, Benno Y, Mizoguchi A, Bhan AK.
    Regulatory role of B-1 B cells in chronic colitis. Int Immunol. 2008;20(6):729-737, Epub 2008 Mar 28.
  • Nanno M, Kanari Y, Naito T, Inoue N, Hisamatsu T, Chinen H, Sugimoto K, Shimomura Y, Yamagishi H, Shiohara T, Ueha S, Matsushima K, Suematsu M, Mizoguchi A, Hibi T, Bhan AK, Ishikawa H.
    Exacerbating role of gammadelta T cells in chronic colitis of T-cell receptor alpha mutant mice. Gastroenterology. 2008;134(2):481-490, Epub 2007 Dec 4.
  • Sugimoto K, Ogawa A, Mizoguchi E, Shimomura Y, Andoh A, Bhan AK, Blumberg RS, Xavier RJ, Mizoguchi A.
    IL-22 ameliorates intestinal inflammation in a mouse model of ulcerative colitis. J Clin Invest. 2008;118(2):534-544.
  • Nagahama K, Ogawa A, Shirane K, Shimomura Y, Sugimoto K, Mizoguchi A.
    Protein kinase C theta plays a fundamental role in different types of chronic colitis. Gastroenterology. 2008;134(2):459-469, Epub 2007 Nov 5.

原著(和文)

2006年

  • 西田修,坪内宏樹,隅田英憲,中村智之.
    High Performance HDFの威力:全身状態と局所所見の解離(重症急性膵炎の場合).ICUとCCU,30(別冊).2006.p.5190-5193.
  • 坪内宏樹,西田修.
    ヘパリン起因性血小板減少症の心臓手術における抗凝固管理の検討(2症例から).バイオメデ,Vol.16別冊,2006.p.31-37.

2007年

  • 西田修,中村智之,栗山直英,山田美智,加古裕美,隅田英憲,坪内宏樹.
    High Performance HDF(high flow-volume large size PMMA-HDF)の適応を模索して.ICUとCCU 31(別冊).2007.p.5066-5068.
  • 栗山直英,西田修,坪内宏樹,中村智之,山田美智,加古裕美.
    Mendelson症候群によるARDSに対して、high flow-volume large size PMMA HDFをはじめとする集学的治療により軽快した一例.ICUとCCU 31(別冊).2007.p.5215-5217.

2008年

  • 西田修.特発性門脈圧亢進症と集中治療.日集中医誌2008:15(2);166-167.
  • 田村哲也,西田修,坪内宏樹,中村智之,栗山直英,加古裕美,山田美智,原嘉孝,湯本美穂.
    High-Performance HDF (high flow-volume large size PMMA-HDF)の特徴と適応-HP-HDFのウィーニングを考える-.ICUとCCU 32(別冊).2008.p.5062-5066.
  • 日本集中治療医学会危機管理委員会,日本集中治療医学会看護部会(行岡秀和,鮎川勝彦,池田寿昭,石川 清,川前金幸,谷川攻一,中 敏夫,西田 修,成松英智,宮内善豊,池松裕子,大草智子,足羽孝子)危機管理委員会・看護部会合同調査報告.
    ICUにおけるヒヤリ・ハット事例に関するアンケート調査.日集中医誌2008;15:03-116.
  • 加古裕美,坪内宏樹,西田修,中村智之,栗山直英,山田美智,原嘉孝,田村哲也.
    大動脈閉塞バルーンカテーテルにより救命しえた腹部刺創の一例.日集中医誌2008;15:219-222.
  • 田村哲也,西田修,中村智之,栗山直英,湯本美穂,原嘉孝,加古裕美,坪内宏樹,新美太祐.
    特集 「Critical Careにおける血液浄化法の進歩」特集4.高効率血液浄化療法High Performance HDFの紹介と効果・効率.医工治療.2008;20(3):186-191.

総説(和文)

2006年

  • 西田修.
    急性呼吸不全の呼吸ケア「栄養管理」.呼吸ケア 2006;4:97-104.

2007年

  • 西田修,中村智之,坪内宏樹,栗山直英,加古裕美,山田美智,原 嘉孝,田村哲也.
    特集「急性臓器障害に対するアフェレシス」高効率血液浄化療法(high flow-volume large size PMMA HDF:High Performance HDF).日アフェレシス会誌2007;26(3) :323-331.

2008年

  • 栗山直英,西田修,中村智之,湯本美穂,下村泰代,田村哲也,加古裕美,坪内宏樹
    特集 改訂版Surviving Sepsis Campaign guidelinesをめぐって-どこがどのように改訂されたのか-steroidを巡って.ICUとCCU 2008;32(9):717-724.

症例(和文)

2008年

  • 加古 裕美、坪内 宏樹、西田 修、中村 智之、栗山 直英、山田 美智、原 嘉孝、
    田村 哲也.
    大動脈バルーンカテーテルにより救命しえた腹部刺創の一例.日集中医誌 2008;15:219-22