業績集:2010年

著書(和文)

  • 土肥修司,佐多竹良,松本美志也,西田修,小坂誠.
    座談会 日本麻酔科学会 第57回学術集会を語る.臨床麻酔2010;34(8):1299-1315.
  • 栃井都紀子.
    コメント 日本麻酔科学会第57回学術集会に参加して 座談会 日本麻酔科学会 第57回学術集会を語る.臨床麻酔 2010;34(8):1301.
  • 野田昌宏.
    コメント 「日本麻酔科学会第57回学術集会」に参加して 座談会 日本麻酔科学会 第57回学術集会を語る 2010;34(8):1314.

原著(和文)

  • 西田修.
    特集にあたって-歴史的流れと新しいmodality,indication- 特集 急性血液浄化療法の新しい潮流.ICUとCCU 2010;34(2):93-94.
  • 西田修,中村智之,栗山直英,安岡なつみ,伊藤舞,内山壮太,森山和広,湯本美穂.
    High Flow-Volume Large Size PMMA-HDF(High Performance HDF)の効果と適応 特集 急性血液浄化療法の新しい潮流.ICUとCCU 2010;34(2):139-146.
  • 西田修,中敏夫,日高正剛,升田好樹,仲村将高,中村智之,阪本雄一郎.
    Review メディエータ制御における血液浄化法の意義と方法 -第20回日本急性血液浄化学会学術集会シンポジウムⅠより-.日本急性血液浄化学会雑誌 2010;1(1):17-27.
  • 飯田有輝,山田純生,伊藤武久,上田有紀,佐藤友紀,山崎武則,西田修.
    冠動脈バイパス術後患者における術前心臓悪液質は再入院と関係する.日本心臓リハビリテーション学会誌「心臓リハビリテーション(JJCR)」2010;15(2):254-260.

原著(英文)

  • Iida Y, Yamada S, Nishida O, Nakamura T.
    Body mass index is negatively correlated with respiratory muscle weakness and interleukin-6production after coronary artery bypass grafting. Journal of Critical Care 2010;25(1):172.e1-172.e8 . Epub 2009 Aug 13
    doi: 10.1016/j.jcrc.2009.05.012.

総説(和文)

  • 西田修,栗山直英.
    特集 「急性呼吸不全による人工呼吸患者の栄養管理ガイドライン」をふまえて 経腸栄養か? 静脈栄養か?.人工呼吸 2010;27(2):192-197.
  • 西田修.
    Ⅱ.急性期の処置と治療 11.急性血液浄化法.島崎修次,他監修.救急・集中治療医学レビュー2010.東京:総合医学社;2010.p.103-109.
  • 栗山直英,西田修,伊藤舞,内山壮太,河田耕太郎,栃井都紀子,早川聖子,安岡なつみ,原嘉孝,森山和広,中村智之,下村泰代,湯本美穂.
    Severe Sepsis,Septic Shockの周術期管理で麻酔科医ができること.臨床麻酔 2010;34(3):581-587.
  • 田村哲也,西田修.
    21:集中治療,重症度評価.小倉真治監修.図説・臨床看護医学【デジタル版】.発行:株式会社 エディターシップ 2010年5月.

その他

  • 西田修.
    INTREVIEW ポンプを使った経腸栄養でICUの治療成績が向上!.月刊静脈経腸栄養ニューズ「PEN」日本静脈経腸栄養学会協力紙 2010;28(2):6-7,2010年2月号.
  • 栗山 直英.
    column[1] 現在使用しているENポンプについて.月刊静脈経腸栄養ニューズ「PEN」日本静脈経腸栄養学会協力紙 2010;28(2):6,2010年2月号.