業績集:2011年

著書(和文)

  • 原嘉孝,西田修,湯本美穂,中村智之,栗山直英,内山壮太,栃井都紀子,早川聖子,河田耕太郎,安岡なつみ,伊藤舞,下村泰代,山下千鶴,柴田純平,杉谷篤.
    脳死膵腎同時移植の術後管理における高効率血液浄化療法の有用性.日本臨床腎移植学会監修 高橋公太,市川靖二編.第44回日本臨床腎移植学会記録集腎移植症例集2011.東京:株式会社日本医学館;2011.p.115-118.
  • 山下千鶴,西田修.
    血漿交換,PMX-DHP,吸着療法.増刊レジデントノート 2011;13(10):1974-81.
  • 中村智之,西田修,原嘉孝.
    急性腎障害の原因の鑑別診断.篠崎正博,秋澤忠男,中敏夫編.ベッドサイドで役立つ 実践急性血液浄化法.東京:総合医学社;2011.p.7-14.
  • 中村智之,西田修.
    急性腎障害.レジデントノート別冊救急・ERノート2 ショック-実践的な診断と治療 ケースで身につける実践力とPros & Cons.松田直之編.東京:羊土社;2011.p.162-174.

原著(英文)

  • Yumoto M, Nishida O, Moriyama K, Shimomura Y, Nakamura T, Kuriyama N, Hara Y, Yamada S. In vitro evaluation of high mobility broup box 1 protein removal with various membranes for continuous hemofiltration
    Ther Apher and Dial. 2011;15(4):385-393 . doi: 10.1111/j.1744-9987
  • Nishida O, Nakamura T, Kuriyama N, Hara Y, Yumoto M, Shimomura Y, Moriyama K. Sustained high-efficiency daily diafiltration using a mediator-adsorbing membrane in the treatment of patients with severe sepis. Contrib Nephrol. 2011;173:172-181.
    doi: 10.1159/000329057. Epub 2011 Aug 8

原著(和文)

  • 西田修,中村智之,湯本美穂,栗山直英,原嘉孝,下村泰代,山下千鶴,柴田純平.
    高効率血液浄化療法による侵襲反応制御の可能性を探る.体液代謝管理 2011;27(1):21-31.
  • 湯本美穂,西田修,森山和広,下村泰代,中村智之,栗山直英,原嘉孝,宮庄拓,山田晋吾.
    国内外で使用可能な各種血液濾過膜によるhigh mobility group box 1 (HMGB1)除去のメカニズムの検討.日急性血浄化学会誌 2011;2(1):97-103.
    ※第21回日本急性血液浄化学会学術集会 Best Presentation Award (BPA)受賞論文
  • 中村智之,西田修,栗山直英,原嘉孝,伊藤舞,河田耕太郎,内山壮太,湯本美穂.
    間歇的吸引器を用いた咽頭吸引が抜管後の口腔咽頭分泌物誤嚥防止に有効であった一症例.人工呼吸 2011;28(2):198-202.
  • 栗山直英,西田修,原嘉孝,中村智之,湯本美穂,柴田純平,山下千鶴,下村泰代,安岡なつみ,早川聖子,栃井都紀子,伊藤舞,内山壮太,河田耕太郎,野田昌宏,秋山正慶,須賀美華,森志乃.
    予後予測指標としてのTATの可能性を探る.バイオメデ2011;21:4-8
  • 山下千鶴,西田修,柴田純平,中村智之,栗山直英,原嘉孝,安岡なつみ,伊藤舞,栃井都紀子,内山壮太,河田耕太郎,早川聖子,湯本美穂.
    集中治療領域におけるカンジダ血症の対策-ACTIONs bundleによる深在性真菌症対策-.日外感染症会誌 2011;8(6):729-735

総説

  • 西田修.
    血液浄化法の原理(濾過、透析、吸着)に基づく病因物質の効率的除去を再考する-注目されているalarmin, high mobility group box 1protein (HMGB1)の血液浄化法による除去を例として-.日急性血浄化会誌 2011;2(1):52-60.
  • 西田修.
    急性血液浄化法.島崎修次,他監修.救急・集中治療医学レビュー2011.東京:総合医学社;2011.p.105-109.
  • 山下千鶴.
    [プロシーディング] 急性肺障害に対する急性血液浄化療法.エンドトキシン血症救命治療研会誌 2011;15(1): 31-34.

短報とレター

  • 上田 有紀、飯田 有輝、西田 修、伊藤 武久、佐藤 友紀、坪内 宏樹、栗山 直英、
    田村 哲也.
    人工呼吸器離脱時の呼吸筋力とinterleukin-6は関係する.日集中医誌 2011;18:413-14

その他

  • 西田修.
    集中治療領域における早期経空腸栄養の有用性.編集・発行 日本コヴィディエン株式会社 クリニカルサポート課.KangarooNews .Vol.20,2011
  • 中村智之.
    経“空腸”栄養チューブ挿入のコツとポイント.編集・発行 日本コヴィディエン株式会社 クリニカルサポート課.KangarooNews Vol.20,201①
  • 栗山直英.
    病態に応じたカロリーの選定と経腸栄養剤の選択ポイント.編集・発行 日本コヴィディエン株式会社 クリニカルサポート課.KangarooNews Vol.20,2011

英文抄録

  • Hara Y, Nishida O, Nakamura T, Kuriyama N, Yumoto M, Yamashita C, Shimomura Y, Moriyama K, Shibata J.
    373: EARLY LACTATE-DIRECTED RESUSCITATION IS PLAUSIBLE, BUT WE NEED MORE INDICATORS FOR INFLAMMATION IN PATIENTS WITH SEPTIC SHOCK. Critical Care Medicine. 2011;39(12):101, December 2011 doi: 10.1097/01.ccm.0000408627.24229.88 Posters: Sepsis – Guidelines and Bundles
  • Kuriyama N, Nishida O, Hara Y, Shibata J, Shimomura Y, Moriyama K, Nakamura T, Yamashita C, Yumoto M.
    375: THROMBIN-ANTITHROMBIN COMPLEX: A POSSIBLE INDICATOR OF THE SEVERITY OF SEPTIC SHOCK. Critical Care Medicine 39(12):101, December 2011 doi: 10.1097/01.ccm.0000408627.24229.88
    Posters: Sepsis – Guidelines and Bundles
  • Nishida O, Yumoto M, Moriyama K, Nakamura T, Kuriyama N, Hara Y, Shimomura, Y, Yamada S, Miyasho T.
    394: ADSORPTION IS A PROMISING MECHANISM FOR HMGB1 REMOVAL BY HEMOFILTRATION IN VITRO. Critical Care Medicine 39(12):107, December 2011 doi: 10.1097/01.ccm.0000408627.24229.88 Posters: Sepsis-Therapeutics
  • Nishida O, Hara Y, Yamashita C, Moriyama K, Yumoto M, Shibata J, Kuriyama N, Yasuoka N, Nakamura T.
    397: TIMING OF INITIATION DEFINED BY THE COMBINATION OF BLOOD LACTATE AND JAAM DIC SCORE FOR MEDIATOR-ADSORBING BLOOD PURIFICATION IN PATIENTS WITH SEPTIC SHOCK. Critical Care Medicine 39(12):108, December 2011.
    doi: 10.1097/01.ccm.0000408627.24229.88 Posters: Sepsis-Therapeutics