研究内容

研究について

research_outline_01
との西田教授の号令の下、われわれは市中病院にいた頃から、積極的にアカデミックな活動を行ってきました。特に下村はハーバード大学で5年以上の基礎研究を行ってきた経験豊富な研究家であり、現在も「腸管免疫におけるB-cellの役割」について研究を続けています。
今後は大学の特色を生かした研究を進め、基礎を含めた各部門、他大学、産業界とも連携をとり、研究を進めていこうと考えています。現在進行中の代表的研究には以下のものがあります。

  1. 侵襲に対する生体反応の制御
  2. 臓器不全の病態生理の解明とそれに立脚した治療手段
  3. 高効率血液浄化法による臓器不全治療
    • Sepsisに対する効果の検討
    • Acute Respiratory Distress Syndromeに対する効果の検討
    • 循環不全に対する効果の検討
    • 免疫反応に対する効果の検討
    • 劇症肝不全に対する効果の検討
  4. 各種重症病態におけるhumoral mediatorの関与の解明
  5. 早期経空腸栄養の重症患者管理おける有用性の解明
  6. 腸管免疫の基礎的研究
  7. 血清亜鉛と侵襲の程度の関係
  8. 侵襲下における呼吸筋とサイトカインの関係
共同研究施設