論文・執筆等 – 業績集:2022年 –

原著(英文)

  • Iwamura C, Hirahara K, Kiuchi M et al. (Kuriyama N, 23th author, and Nishida O, 35th author among 49 authors )
    Elevated myl9 reflects the myl9-containing microthrombi in SARS-CoV-2-induced lung exudative vasculitis and predicts COVID-19 severity. Proc Natl Acad Sci 2022;119:e2203437119.
    doi: 10.1073/pnas.2203437119
  • Kuriyama N, Nakamura T, Nakazawa H, Wen T, Berra L, Bittner EA, Goverman J, Kaneki M.
    Bioavailability of reduced coenzyme Q10 (Ubiquinol-10) in burn patients.
    Metabolites 2022;12:613. doi.org/10.3390/metabo12070613
  • Sawada K, Shimomura Y, Hasegawa D, Harada T, Nakamura T, Kuriyama N, Hara H, Komura H, Nishida O. Association of circulating histone H3 and high mobility group box 1 levels with postoperative prognostic indicators in intensive care unit patients: a single-center observational study.
    Fujita Med J 2022; doi.org/10.20407/fmj.2022-008
  • Lewis K, Alshamsi F, Carayannopoulos KL et al.(Nishida O, 17th author among 27 authors), GUIDE group. Dexmedetomidine vs other sedatives in critically ill mechanically ventilated adults: a systematic review and meta-analysis of randomized trials. Intensive Care Med 2022;
    doi:10.1007/s00134-022-06712-2
  • Hinoue T, Yatabe T, Nishida O.
    Prediction of postoperative atrial fibrillation with the systemic immune-inflammation index in patients undergoing cardiac surgery using cardiopulmonary bypass: A retrospective, single-center study.
    J Artif Organs 2022; doi: 10.1007/s10047-022-01338-z
  • Liu K, Nakamura K, Kudchadkar, S. R., Katsukawa H, et al.(Nishida O, 9th author among 9 authors). Mobilization and Rehabilitation Practice in ICUs During the COVID-19 Pandemic. J Intensive Care Med 2022; doi: 10.1177/08850666221097644.
  • Hinoue T, Nahara I, Yatabe T, Hara Y, Kuriyama N, Nakamura T, Komura H, Nishida O.
    Hyperchloremia and postoperative acute kidney injury in adult cardiac patients: A propensity-matched cohort study.
    J. Cardiothorac. Vasc. Anesth 2022;36:1336-42. doi: org/10.1053/j.jvca.2021.07.008
  • Kawai Y, Nishida O.
    Recommendations for long-term outcomes in sepsis and septic shock: a comparison between Japanese and international guidelines. J Intensive Care 2022;10:1-3. doi.org/10.1186/s40560-022-00599-3
  • Nakamura K, Hatakeyama J, Liu K, et al.(Nishida O, 16th author among 16 authors)
    Relationship between nutrition therapy in the acute phase and outcomes of ventilated patients with COVID-19 infection: a multicenter prospective observational study. Am J Clin Nutr 2022; doi: 10.1093/ajcn/nqac014
  • Iba T, Nishida O, Levy JH, Levy M.
    Nevertheless, the importance of coagulation abnormalities should be emphasized in international sepsis guidelines. J Intensive Care 2022;10:4. doi.org/10.1186/s40560-022-00596-6

原著(和文)

  • 村松恵多, 河合祐亮, 恒川祐太, 大森鮎子, 神戸美樹, 山田幸子, 髙井亜希, 眞野惠好, 西田修.
    人工呼吸器管理下で長時間の腹臥位療法を受ける新型コロナウイルス感染症重症患者への包括的褥瘡予防介入の効果:後ろ向き観察研究. 日WOCM会誌 2022;26:S1-S8.
  • 清水弘太, 栗山直英, 森山和広, 加藤政雄, 中村智之, 原嘉孝, 幸村英文, 稲熊大城, 西田修.
    水平流入方式チャンバーは垂直流入方式チャンバーよりも,チャンバー内における滞留時間が短い.
    日急性血浄化会誌 2022;13:54-8.
  • 小松聖史, 矢田部智昭, 栗山直英, 中村智之, 幸村英文, 西田修
    COVID-19 重症呼吸不全患者における膵障害の発生頻度に関する検討:後方視研究
    人工呼吸 2022;39:58-62.

著書(和文)

  • 山下千鶴, 西田修.
    感染患者の麻酔. 川真田樹人, 齋藤繁, 佐和貞治, 廣田和美, 溝渕知司編. 森田潔監.
    臨床麻酔科学書.
    東京: 中山書店;2022. p. 677-688.

分担執筆(和文)

  • 山下千鶴.
    抗菌薬の適正使用.
    大塚将秀, 佐藤直樹, 松田直之編. 集中治療医学レビュー 2022-23.
    東京:総合医学社;2022. p. 341-348.
  • 西田修.
    序文. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022.
  • 西田修.
    急性血液浄化の今後の展望. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022. p. 474-479.
  • 山下千鶴.
    血液吸着療法. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022. p. 56-63.
  • 山下千鶴, 森山和広, 西田修.
    薬物動態. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022. p. 198-205.
  • 中村智之, 森山和広, 西田修.
    High flow/High volume(C)HDH. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022. p. 92-99.
  • 森山和広, 西田修.
    持続緩徐式血液濾過膜の種類と特性. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022. p. 121-127.
  • 河合祐亮, 西田修.
    急性血液浄化を受ける患者の看護. 日本急性血液浄化学会編.日本急性血液浄化学会標準マニュアル(改訂版第2版).
    東京:医学図書出版株式会社;2022. p. 179-186.

総説(和文)

  • 河合祐亮, 一二三亨, 小幡賢吾, 飯田有輝, 畠山淳司, 山川一馬, 中村謙介, 卯野木健, 川上大裕, 中西信人, 劉啓文, 新谷歩, 井上茂亮,
    西田修. (日本集中治療医学会PICS対策・生活の質改善検討委員会)
    本邦の診療現場におけるICU退室後のフォローアップに関する実態調査.
    日集中医誌 2022;29:165-76.
  • 河合佑亮, 一二三亨, 小幡賢吾, 飯田有輝, 畠山淳司, 山川一馬, 中村謙介, 卯野木健, 川上大裕, 中西信人, 劉啓文, 新谷歩, 井上茂亮,
    西田修.
    本邦の診療現場におけるICU退室後のフォローアップに関する実態調査. 日集中医誌2022;29:165-76.
  • 西田修, 森山和広
    ICU領域におけるAKI. 日医雑誌 2022;151:37-41.
  • 西田修
    日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG2020)PICSと国際版敗血症診療ガイドライン(SSCG2021)の対比 特集にあたって.
    ICUとCCU 2022;46:1.
  • 河合佑亮, 西田修
    日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG2020)PICSと国際版敗血症診療ガイドライン(SSCG2021)の対比 長期予後・患者家族・緩和医療. ICUとCCU 2022;46:45-54.

科学研究費補助金事業等

  • 西田修(研究分担者)、長谷川大祐(研究協力者)
    臓器提供を見据えた患者評価・管理と術中管理のためのマニュアル (付)COVID-19後の臓器提供について 重症患者の家族をサポートに関する考え方
    「5類型施設における効率的な臓器・組織の提供体制構築に資する研究-ドナー 評価・管理と術中管理体制の新たな体制構築に向けて」(主任研究者 嶋津岳士・田﨑修). 2022年3月

症例報告(和文)

  • 鷲見弘文, 柴田純平, 小川慧, 中村智之, 幸村英文, 西田修
    ICU入室中の重症術後患者に対する早期リハビリテーション介入に脊柱起立筋膜面ブロックが有効であった1例. 日ペインクリニック会誌 2022;29:165-68.
  • 小嶋美奈, 小松聖史, 矢田部智昭, 幸村英文, 中村智之, 西田修
    手術を契機に発症したクリーゼにより診断に至った筋特異的受容体型チロシンキナーゼ抗体陽性重症筋無力症の1例. 日臨麻会誌2022;42:217-21.

症例報告(英文)

  • Nakamura T, Yatabe T, Kuriyama N, Hiraiwa T, Matsumoto K, Nishida O.
    Cefepime‑induced encephalopathy in a COVID‑19 patient: a case report. J Anesth 2022; doi.org/10.1007/s00540-022-03068-1