准教授 下村 泰代

Profile

出身校(卒年)
愛知学院大学 歯学部(1994年)
名古屋市立大学医学部 大学院医学研究科 大学院(2003年)
経歴
H6年4月~8年5月名古屋市立大学病院 歯科口腔外科:臨床研究歯科医
H8年6月~9年9月米国アイオワ州 アイオワ大学 歯科口腔外科 :臨床研修医
H9年10月~11年3月名古屋市立大学病院 歯科口腔外科:臨床研究歯科医
H11年4月~15年3月名古屋市立大学医学部 大学院医学研究科 生体高分子部門 生物免疫学分野:大学院生、名古屋市立大学病院 歯科口腔外科:臨床研修歯科医、名古屋市厚生院:非常勤歯科医師
H15年5月~20年3月米国ボストン マサチューセッツ総合病院、ハーバード大学医学部 免疫病理学講座:研究員
H20年4月~21年9月藤田保健衛生大学病院 麻酔侵襲制御医学講座:助教
H21年10月~H31年3月 藤田保健衛生大学医学部 麻酔侵襲制御医学講座:講師
H31年4月~現在 藤田医科大学医学部 麻酔侵襲制御医学講座:准教授
資格、所属学会
日本麻酔科学会、日本歯科麻酔科学会、日本免疫学会、日本集中治療医学会、日本 Shock 学会、日本急性血液浄化学会、日本静脈経腸栄養学会、日本呼吸療法学会、日本口腔ケア学会、日本口腔ケア学会認定士 4級、摂食嚥下リハビリテーション学会、日本化学療法学会、日本細菌学会
准教授下村 泰代Yasuyo Shimomura
下村 泰代

藤田麻酔科のいいところ

1つ目は、「チャンスはいくらでもある」というです。
この講座は、自分がやりたいと思ったことを、サポートしてくれます。
集中治療も麻酔もペインも、研究もです。
そして医学の分野は麻酔に関わらず、各分野で細分化されて専門性が必要とされる時代です。
例えば「心外麻酔、産科麻酔、小児麻酔がやりたい。」とか「栄養に特化した集中治療、全身管理」、「呼吸療法」、「区域麻酔」、「救命救急」などなど、本人のやる気次第で教授も上級医もサポートしてくれます。

2つ目は豊富な症例数。
正直言って、忙しい方だとおもいます。
でも、症例数が多いこと、珍しい症例に出会えることは、どんな机上の勉強よりも、自身のキャリアUPには特効薬です。

3つ目というか、これが一番のいいところ!です。とにかく、「人がいい!」。
これは本当に誇れるところです。
そして、みんな食いしん坊。医師控室はいつもお菓子であふれ、上司、部下関係なく、お茶をしながら仕事のことや将来のことを雑談(!?失礼)、ディスカッションしてます。

なぜ藤田麻酔科を選んだのか? なぜ麻酔科医になったのか?

名古屋市立大学の口腔外科医として働き始めて4年目、全身麻酔の知識の必要性を強く感じた私は、同大学の麻酔科研修を希望しました。

自らお願いしたものの、実は不安でいっぱいでした。というのは、大学内でも麻酔科は最も恐れられていて、私たち外科医はいつもビクビクしながら麻酔科に全身麻酔症例コンサルトに行っていました。
しかし研修が始まってみると、優秀な麻酔指導医の先生が丁寧・親切にご指導してくださいました。
それが西田教授と幸村先生、前任の湯本美穂先生との出会いです。ICUと手術室でバリバリ働く三人の姿がとても印象的でした。

西田先生はまだ30代にも関わらずICUも任されており、術後や病棟で管理に行き詰まった患者さんの治療に専念されており、口腔外科の患者さんもよくお世話になりました。
西田先生の治療は、いつも深い理由がありました。その時に口腔外科医として、これまで患者さんの局所しか診てこなかった、見えていなかった自分を恥ずかしく思いました。

湯本先生はその頃はもうお子さんがいらっしゃったのですが、女性ながらも常勤医として男性並みに働く姿に、私はものすごく憧れました。

幸村先生もそうですが、私と同年の20才代の麻酔医が、ICUも麻酔も一人でサクサクとこなしているのを目の当たりにして、外科とはちがって、麻酔科医の独り立ちの早さに驚いたと同時に、焦りさえ感じたのを覚えています。

そしてこの麻酔科研修を機に、私は欲ばりになろうと決めました。「女性として幸せな家庭を持ちつつ、医師としても働き続けよう!」と。

それから10年後、私がハーバード大学での5年間の留学を終える頃に、麻酔科研修以来の親友の麻酔医から、「西田先生が藤田保大の教授になったよ!」という朗報が入りました。ありがたいことに西田先生から「研究をやってほしい。」とお誘いただきました。若き日に行った麻酔科研修を懐かしく思い、縁の深さを感じ、ここで研究させていただこうと決心しました。

仕事の楽しみややりがいは

私は口腔外科医で、臨床が大好きでした。
痛がってきた患者さんが、治って笑顔になっていく姿に、やりがいや達成感を感じていました。
しかし、臨床医として4年が経過したとき、もっと自分の知らないことに挑戦したい。やりがいを見つけたい!と思い、麻酔科研修とそれまで縁遠かった研究にチャレンジしてみようと思いました。

当講座の西田教授もいつもおっしゃっています、「ボク達医者が患者さんを治しているのではなく、患者さんは自ら病気を治そうとしている。僕らはそれをお手伝いしているだけなんだよ。」と。

その助かろうとする、治そうとする力が「免疫力」です。

名古屋市立大学の大学院で免疫学を専攻し医学博士を取得した後、世界レベルの免疫の研究に憧れ、いま考えれば無謀ですが、ハーバード大学医学部のマサチューセッツ総合病院のBhan教授の免疫病理学の門をたたきました。

運よく採用が決まり、有給でresearch fellowとなりました。
素晴らしい指導者Dr. Mizoguhiに出会い、研究は進みました。
1年目で免疫学の最高峰群の雑誌でもあるImmunityに名前が載りました。それで当初は1年契約の予定が、3年、5年と伸び、ペーパーは8報、インパクトファクターは100点近くになりました。

ちょうど帰国を考えていた時に、麻酔科研修時代にお世話になった西田先生が教授に就任され、親友の麻酔科医を仲介し、西田先生が私に研究の場を与えてくださいました。
ハーバード大では粘膜免疫、炎症性腸疾患など慢性炎症を研究してきましたが、免疫学はすべての医学に通ずるものがあります。
いまは、ICUに入室する術後合併症や、敗血症、DICなど急性炎症期の免疫を研究しています。

口腔外科も麻酔も研究も、色々やってきて本当によかった思っています。
新しいことにチャレンジする度に、分野も人脈も知識も、そしてキャリアも広がりました。

今後の目標は

自分たちの研究を発信することです。

多くの患者さんの治療のためには、情報収集をして疾患とその治療法を学び、臨床に応用します。
しかし、どんなにいい治療法や新しい治療を開発しても、外に発信しなければ、自己満足どまりです。
情報収集したら、今度は自らの情報を公開する。これが医学界の発展につながります。
国内だけでなく、国外にも情報発信をおこなうために、国際学会と論文発表も意欲的に取り組んでいこうと思っています。

藤田麻酔科を考えている入職希望者へのメッセージ

「今、自分の目の前にあることに疑問と興味を持って立ち向かい、努力する。
そして、努力できる場があること、チャンスを与え、応援してくれる人が周囲にいることに感謝し、それに報いるためにまた努力する。」

どんな仕事についても、忙しさとかしんどさに、時に心が折れることがあるかもしれません。でも、その苦労のおかげで成長していることに気づいたとき、嬉しさを感じると思います。

当院の豊富かつ多様な症例数は、先生方に多くのチャンスを与えます。
そして当医局の治療法の根拠と治療結果を求められる教育方針に身を置くことで、麻酔医・集中治療医として、先生方の成長に大きく貢献できると思います。