助教 柳 明男

Profile

役職
助教
出身校(卒年)
藤田保健衛生大学(2011年卒)
専門
日本周術期経食道心エコー認定医

藤田麻酔科のいいところ

業務内容については、周術期の管理をしっかり勉強できること、また、重症患者の管理に強くなると思います。いざという時頼りになる医師になるための十分な経験を積める環境だと思います。手術麻酔、集中治療は共にスタンダードなものから難易度の高いもの、大学病院でしか経験できないような症例なども多く、幅広く、かつ深く多くのことを学ぶことができる環境だと思います。

また、スタッフの出身大学や経歴は様々で、派閥などがなく、若いスタッフが多く、仲が良い医局だと思います。結婚、出産、子育てに寛容な組織だと思います。また、関連病院が近くにしかないため、遠方への転勤などがないことが良いと思います。

なぜ藤田麻酔科を選んだのか? なぜ麻酔科医になったのか?

まず、麻酔科医を選んだ理由は、生理学と病態と治療、その結果が比較的一直線上にあり、自分の行なった治療行為がすぐに結果として出るところが面白いと思ったからです。また、ターミナルの悪性腫瘍の患者のように、患者の考えだけでなく、家族などの周辺環境も尊重し、治療や時間を提供するということを、自分はできないと思ったという消極的な理由もあります。その点、麻酔や集中治療のモチベーションは、できる限りのことをやるという比較的シンプルなものであるため、性に合っていると感じたためです。また、自分の関わる領域には責任を持った治療を行いたかったため、手術麻酔だけでなく、術後の管理も一貫して行える環境がよいと思ったからです。

仕事の楽しみややりがいは

一週間の夏休み。旅行が好きな同僚が多いので、旅先での話をするのが楽しい。

一生懸命に管理した患者の経過が良好であった時にやりがいを感じます。

麻酔科は直接的に患者さんから感謝されることは少なく、患者との距離が比較的遠い科だと思います。しかし、外科医などとの繋がりは深く(もちろん集中治療で関わる全ての科とも)、他科のプロフェッショナルから求められる治療水準は、医療における素人の患者より高いものでシビアだと思います。他科にも満足してもらえる管理を行えたときは、患者にとっても十分な治療が提供できた時だと思います。そういう治療・管理が行えたときがやりがいなのかもしれないです。

今後の目標は

まずは、独り立ちすること。難易度の高い症例であっても同僚から任せてもらえる実力をつけること。また、外科医などの他科のDrに信頼される経験と実力をつけること。

藤田麻酔科を考えている入職希望者へのメッセージ

手術麻酔や集中治療だけでなく、院内急変対応など沢山のことを学べます。それゆえ、やっていけるのだろうかと不安に思うこともあるかもしれませんが、僕も含め誰もがそう思って入局しています。他科に行く前に全身管理を学びたいと考え、麻酔・集中治療を数年間経験して他科に行ったものもいます。非常にリベラルな組織だと思います。できない理由をあれこれ並べるより、やってみたいと思う気持ちを大事に飛び込んでみることが重要だと思います。気軽に見学にきてください。