原 嘉孝

平成17年
名古屋市立大学 医学部 卒業
平成17年
愛知厚生連 海南病院 初期研修医
平成19年
愛知厚生連 海南病院 集中治療部・救急部・麻酔科 医員
平成22年
藤田保健衛生大学 医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 助教

私が麻酔科を目指した理由

もともと、手術と循環管理をしたくて泌尿器科志望でした。初期研修医中に麻酔科・ICUをローテートした時に、今にも亡くなりそうな超急性期の重症患者がフルリカバーしていく姿をみて驚きました。

医師になったからには、普通では助けることができない人をどれだけ助けることができるかに挑戦してみたくなり、麻酔・ICUに興味を持ちました。

私の現在のキャリアについて

臨床はもちろんですが、学会発表や臨床研究などアカデミックな分野でもがんばっています。

仕事のやりがいや、仕事の中で得たこと

各科の先生が、もうどうにもならないような重症患者をリカバーできたときに、やりがいを感じます。

この仕事を通じて、先を読む力、咄嗟の判断力、柔軟な適応力を得た(今も得続けている)と思います。

私の進む未来とは

よりアカデミックな部分でのさらなる飛躍。

麻酔科を目指す方へ伝えたいこと

麻酔科・ICUの知識と言うのは、医師としての基本的かつ必須な事項が多いです。長い人生、2~3年麻酔科・ICUで基本的なライフサポートを学び、各科にフィックスしても遅くないですよ。