小松 聖史

平成22年
川崎医科大学 卒業
平成22年
埼玉医科大学総合医療センター 研修医
平成24年
当院 当科へ入局

私が麻酔科医を目指した理由・この医局に決めたポイントは?

もともと学生時代、小児心臓外科を志望して海外を含めて病院見学にいき将来を考えて埼玉医大の病院を研修先として選びました。しかし、そこで心臓外科をローテーション時にICU管理のおもしろさにひかれ次第に進路について考えるようになりました。そこでの麻酔科の先生の影響もあり麻酔科でICUをやろうと考え再び病院を探し始めました。

では、なぜ今いる病院を選んだかというといくつか理由があります。

  1. 学会活動が盛ん
  2. 麻酔と集中治療をバランスよくできる
  3. 将来を見据えた資格をとることができる

などなどです。

私の現在の仕事について

週一回から二回のICU当直と残りの日は麻酔をかけてます。

外勤は現在2日間午後にいってます。

仕事のやりがいや、仕事の中で得たこと

患者さんの病態を把握して、それにあった治療を選択する。

私の進む未来とは

将来を見据えたいろんな資格をとっていくということと、先輩医師の考え方や手技のコツなどを聞いたりみて学んだりしていくことです。

麻酔科を目指す方へ伝えたいこと

麻酔科といってもいろいろな形があります。手術麻酔、ペイン、集中治療などさまざまな可能性が残されている分野だと思います。また、目の前の患者さんの命を取り留める術を持っているというのは非常に当たり前のように思われますが、実は非常に難しいことです。それを今の病院では身につけられるのではないかと思っています。