加藤 大貴

平成26年
愛知県がんセンター麻酔科
現在
藤田保健衛生大学医学部麻酔・侵襲制御医学講座 助教

私が麻酔科医を目指した理由

大学卒業後、外科医として周術期の管理を行うにつれ、患者様ごとの全身状態の把握と評価を的確に行い治療を遅滞なく的確に行うことの大切さを感じるようになりました。そして、全身管理を行う麻酔科と集中治療に興味を持つようになりました。

私の現在の仕事について

現在は、全身麻酔を担当しています。
また、西田教授のご厚意と医局の先生方のサポートにより、西田教授と下村講師の指導の下、侵襲制御と免疫に関する基礎研究を行っています。

仕事のやりがいや、仕事の中で得た大切なこと

麻酔科の仕事は一人で行っているのではなく、多くの先生方とチームとして行っていることを強く感じるようになりました。そのため、報告、連絡、相談を怠らず、和を以て貴しとなす精神が大切であると学びました。

私の目指すもの

一途一心にひたむきに、患者さんに向き合える臨床医になるように、日々精進していきたいです。
さらに、臨床と研究のかけ橋となるTranslational Researchを行える研究者になるよう、地道に粘り強く頑張っていきたいです。
そして、臨床と研究をバランスよく行える後進を育てることのできる大学教員になりたいです。

麻酔科を目指す方へ伝えたいこと

当教室の理念であります、「教育こそすべて」を教授以下医局員が実践しており、日々成長することのできる教室だと思います。
是非、麻酔科医として入局してくだされば、幸いです。