竹田 彩香

平成25年
愛知厚生連 海南病院 研修医
現在
藤田保健衛生大学 医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 助手

私が麻酔科医を目指した理由

医学部5年生の病院実習で西田先生のお話を聞き、ビビッと直感的に私は麻酔科医になると思いました。

目の前で誰かが倒れた時、患者さんが急変した時、自信を持って医療を行える医師になりたいと思い、全身管理をしっかりと学びたいと思いました。

また、麻酔科は手術麻酔、集中治療、ペインなど幅広い分野があり、様々な働き方がある点も大変魅力的でした。

私の現在の仕事について

ICUでの集中治療と手術麻酔を中心に行わせていただいています。

仕事のやりがいや、仕事の中で得た大切なこと

まだまだ知識も経験も少ないですが、手術の時やICUで他科の先生方からお願いしますといってもらえると信頼して患者さんを任せてくださっているのだと感じ、自分も全力を尽くそうと思えます。

また、患者さんと直接コミュニケーションをとる機会は少ないですが、手術の後などありがとうと言っていただけるうれしく感じます。

私の目指すもの

集中治療はもちろん、手術麻酔、ペインなどの多くの分野の知識、技術を学んでいきたいと思います。
そしていつか自分にしかできないことを見つけていけたらと思います。

いずれは結婚し子育てをしながらママさん麻酔科医としてバリバリ働けたらと思います。

麻酔科を目指す方へ伝えたいこと

私は麻酔科というと敷居の高いイメージがありました。やっていることが難しそうでよくわからないし、1分1秒を争うような状況もあって、私には向いていないと思っていました。実際私は向いていないかもしれませんが、向き不向きは関係ないと自分に言い聞かせてやっています。

当講座には素晴らしい先生方がたくさんいらっしゃって手取り足取り教えてくださいます。これから一緒に成長していきませんか?